歯の修復にはインプラント!

>

インプラントとは、何か

この記事をシェアする

あなたにも当てはまるかも

インプラントを入れるのは、歯を失った時にその歯の代わりとして、インプラントを入れる場合が多いです。そもそもインプラントとは、歯の根っこの部分を金属で作ったものなので、歯が抜けてしまったところに入れる、と言う感じで治療します。そのため、歯が抜けた時の治療とされます。
インプラントは、人工のものなので歯のかみ合わせなどが今までと異なり、違和感が生まれます。一本のインプラントでも、かみ合わせ、顎の動き、周りの歯の健康度など、総合的に多角面から見て考えていく必要があります。
そのため、インプラント治療を受ける際には、歯医者さんと今の状態や治療後の歯の健康も含めた綿密な打ち合わせが必要になってくることを覚えておいてくださいね!

治療を受ける際に

インプラントの治療を受ける際には、必ず利点(メリット)と欠点(デメリット)を聞くことが大事です。どんないいものや治療方法でも必ずメリットとデメリットは存在します。さらにインプラント治療と一言で言っても数種類の治療法方があります。そのため、初めての患者さんは悩むし、混乱してしまいます。いい腕の歯医者さんならそこは隠すことなく説明をしてくれるので、疑問に思ったことはどんどん聞いていきましょう。前述したように、一本のインプラントでも違和感が生じます。個人差はありますが、インプラントが合う、合わないは必ずあります。それを最低限に抑える方法を歯医者さんと共に探すことがもっとも重要です。インプラント治療をしたことを後悔しないように、歯医者さんと話し合ってくださいね!