歯の修復にはインプラント!

インプラントの利点・欠点とは

ここでは、インプラントの利点・欠点についてお話しします。インプラントは失った歯の代わりをしてくれるものですが、人工のものなのでやはり利点も、欠点もあります。その際に、使った方がそんな点でいいのか、どのようなことに気をつけるべきか、などの注意点も含めお教えしようと思います。

インプラントをするならここ!と言う歯医者の紹介

今までは、インプラントの概要についてお話ししてきました。でも実際、どの歯医者がいいのかわかりませんよね。ここでは、実際にインプラント治療をするなら!と言うことで、おすすめできる歯医者さんをご紹介しようと思います。何かの参考になればいいと思いますので、ぜひ参考にしてくださいね!

インプラントとは、何か

ここでは、インプラントが、どのような時に必要になってくるのか、についてお話ししようと思います。できれば、人工物を体内に入れたくはないし、できれば自分の歯で食事をたのしみたいですよね。しかし、必要になってくる時がくるかもしれません。そんな時のために、どんな時に必要なのかをお教えしたいと思います。

インプラントがどのような時に必要になってくるのか

ここでは、インプラントとは何かについてお話しします。
「インプラント」と良く聞きますが、実際はよくわかっていない人もいるのではないでしょうか。まず、定義からお話ししようと思います。「インプラント」とは、歯の根っこを金属で作ったものです。これを歯の歯槽部に埋め込むことで治療をします。「インプラント」はデジタルインプラントと呼ばれることもあります。
人工物を体内に入れるので、最初は違和感があるかもしれません。しかし、歯のインプラントは、自然に生えている歯と同じように食べ物を噛むことができます。ですが、人工のものなのでやはり少し違和感があります。それは、インプラントにはショックがそのまま伝わることです。ショックというと、怖い感じがしますが、そこまで痛かったりそこから病気になることはないので安心してください。これは天然の歯とインプラントの差から生じるものです。天然の歯には、歯の周りにショックを和らげるための「歯根膜」というものがありますが、インプラントにはそれがないので少し感覚が天然の歯よりも敏感になっています。そのため、少し違和感があったりします。感覚は個人差があり一概には言えませんが、そこまで心配する必要はないので、ご安心ください。
インプラントをしても、時間が経つにつれ自分の体に慣れてきます。そのため、本数が少なければどこにインプラントの存在を感じずに、今まで通りに好きなものを食べることができますよ!